HOMELINKSITEMAP
すぐできる!ビジネスマナー

HOME > 社会人としてのマナー > 服装

服装

職場にふさわしい服装をすること…これは、意外に忘れがちなビジネスマナーです。せっかく仕事ができる人でも、服装が乱れていては台無しになってしまいます。ここでは「ビジネスマナーがちゃんと身に付いているなぁ〜」と周囲に思われるような服装について、お話ししましょう。

第一印象が大切!

「人は見た目より中身が大事」とよく言いますが、そうは言ってもやっぱり見た目も気になりますよね。特にビジネスシーンでは、初対面の人も含め、多くの人と関わり合います。プライベートなことや性格などまで、お互いによく知っている人ばかりとは限りません。

となれば、仕事をスムーズに進めていくための第一段階として大切になってくるのは、第一印象。

しゃべってみてからの第一印象というのもありますが、この人と話してみたいと相手に思わせるためには、その場に合った服装をしているかどうか…そんなところもポイントになります。

服装も、とても大事なビジネスマナーの一つなのです。

見た目が清潔で明るく、さわやかな印象の人のまわりには自然とたくさんの人が集まってくるように思います。デスクワークの人、屋外での仕事が多い人、また制服のある会社、私服OKの会社など、その職場にふさわしい服装を心がけましょう。定番の服装といえば、一般的には男女ともにスーツですね。

けれど、最近は私服OKの職場も増えてきています。そういった職場で一人だけスーツ姿でいると周囲からポツンと浮いてしまいます。そのような場合は、スーツではなくて他の人たちと合わせるようにしましょう。

ただ、あまりにも派手な柄や過激なメッセージ入りのものはよくありません。シンプルかつ上品な服装をおすすめします。会社は、あくまで仕事をする場所だということを忘れないでくださいね。

男女共通の服装

では、ビジネスマナーにおける服装のポイントを紹介しましょう。男女ともに定番のスーツの着こなしポイントを見てみましょう。

汚れや乱れに注意!

スーツのシワやシャツ、ブラウスの汚れをはじめ、ネクタイが曲がっていたり、靴のひもがほどけていたり…ちゃんと着こなせていなければ、周囲に不快感を与えてしまいます。なかでも袖や襟元などは、思いのほか汚れなどが目立つ部分です。また、女性の場合はスカートの丈やヒールの高さにも注意しましょう。服装の乱れは会社にとってもマイナスイメージになりかねません。いつも会社の顔であることを忘れずに、清潔な服装を心がけましょう!

常にチェックしよう!

朝はきちんとしていた服装も、時間が経つにつれてどうしても乱れがちになってしまいます。朝、出かける前に鏡の前で服装をチェックして、それっきり…ということのないようにしなければなりません。会社に着いたらお手洗いででもいいですし、自分の手鏡などでもいいので、もう一度チェックしましょう。もちろん、男性もです。外出する前や昼食後など、事あるごとにチェックする習慣をつけてください。鏡で服装チェック…これもビジネスマナーですよ。

アクセサリー類はどうするの?

男性の場合、プライベートで身に付ける人はいると思いますが職場で付ける人はあまりいないでしょう。

アクセサリーを身に付けるかどうかは、職種によっても違ってきますが、女性は男性に比べ、職場でもアクセサリーを身に付けている人が多いのではないでしょうか。特に受付や接客業をしていたり、外回りなどで取引先と顔を合わせる機会の多い人は、節度を守って、仕事の妨げにならない程度のアクセサリーを選ぶようにしましょう。

服装と同様、見た人に不快感を与えるような派手な色・デザインは避けるようにしてください。

こんなところも気を配ろう!

また、服装やアクセサリーだけでなく、ヘアスタイルや化粧、爪の手入れなどにも気を配る必要があります。そんな細かいところまで…と思うかもしれませんが、こういった部分をきちんとすることも立派なビジネスマナーです。

寝癖が付いたままのボサボサ頭、伸び放題の髪、職場にふさわしくない厚化粧、爪の中が汚かったり、長く伸ばしていたり…。このような職場に適さない、仕事の妨げになると思われることをするのは止めましょう。


↑このページの先頭にもどる

copyright 2011 すぐできる!ビジネスマナー All Rights Reserved.