HOMELINKSITEMAP
すぐできる!ビジネスマナー

HOME > 社会人としてのマナー > 言葉遣い

言葉遣い

ビジネスマナーにおいては、特に言葉遣いに気をつける必要があります。もちろん、ビジネスシーン以外でも、言葉遣いというのは人としての品位が問われるもの…。日頃からきれいな言葉遣いを心がけたいものですね。ここでは、ビジネスマナーとして身に付けなければならない言葉遣いについてお話ししましょう。

敬語の使い方

みなさんは、間違った敬語の使い方をしていませんか?また、敬語を上手に使い分けることができていますか?ビジネスマナーで一番重要なのが、敬語の使い方ではないでしょうか。敬語は普段使い慣れていないと、いざという時になかなかすぐには出てこないものです。

敬語は「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」と大きく三種類に分けられます。ここでは「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」それぞれの使い方を見ていきましょう。

尊敬語

相手を敬う気持ちをあらわした言葉のことをいいます。

動作に対する敬意をあらわす場合

1.敬語動詞を使います。
社長がそうおっしゃった。
2.助動詞の「れる」「られる」を使います。
あなたの言われる通りです。
3.動詞を「お〜になる」の形で使います。
課長はお帰りになりました。

所有物に対して敬意をあらわす場合

お返事をいただきましてありがとうございます。

謙譲語

自分自身がへりくだる気持ちをあらわした言葉のことをいいます。

敬語動詞を使う場合

私がそちらへ参ります。

名詞(自分の所有物)に接頭辞をつける場合

弊社
小生

丁寧語

話し方そのものを丁寧にした言葉のことをいいます。

「ます」「です」「ございます」「存じます」を使う場合

私が書きます。
お手洗いはあちらでございます。

「お」「ご」をつける場合

お茶でも飲みましょう。 ご連絡願います。

尊敬語と謙譲語を比べてみよう!

尊敬語と謙譲語を見比べてみましょう。よく使う表現をピックアップしてみました。ビジネスマナーの一つとして、覚えておくといいでしょう。

原型

尊敬語

謙譲語

する

なさる

いたす

いる

おられる・いらっしゃる

おる

行く

いらっしゃる

参る・伺う

来る

お越しになる・おいでになる

参る・伺う

言う

おっしゃる

申す

見る

ご覧になる

拝見する

聞く

お聞きになる

伺う・承(うけたまわ)る

分かる

お分かりになる

かしこまる・承知する

食べる

召し上がる・お召し上がりになる

頂く・頂戴する

会社

貴社・御社

弊社・当社・小社

「お」・「ご」には要注意!

使い方が一番簡単なように見える「お」や「ご」ですが、尊敬語や謙譲語に比べて慣れ親しんでいるぶん、注意が必要になります。どんな言葉も「お」や「ご」を付ければ、丁寧でキレイな言い方になると思っている人も多いようですが、付けすぎるとかえって変な言葉遣いになってしまいます。ちなみに、この「お」や「ご」は美化語とも言われているんですよ。

×おご飯→○ご飯
×おコーヒー→○コーヒー

×おご覧になる→○ご覧になる

一つ目は「ご飯」という言葉には「ご」が付いているので、すでに美化語になっています。二重使用になってしまうため、さらに「お」を付ける必要はありません。二つ目の「コーヒー」ですが、これは外来語に分類されます。外来語にも「お」や「ご」は付けません。三つ目も「ご覧になる」という言葉自体が尊敬語なので、そこに「お」を付け足すことはありません。

意外と難しい!上司の呼び方

自分は言葉遣いにも気をつけているし、ビジネスマナーはちゃんと身に付いていると思っていても、ちょっとしたところでつまずいていませんか?上司の呼び方を知らない人も結構いるようですね。話す相手や状況によって、呼び方が変わってきます。いくつか例を挙げてみましょう。うっかりミスに注意してくださいね。

1対1の場合:部長
他部署の上司も同席の場合:○○部長
上司を知っている取引先に対して呼ぶ場合:○○は
上司の肩書きを取引先に示したい場合:部長の○○ または 私共の部長の○○
上司の身内に対して呼ぶ場合: ○○部長


↑このページの先頭にもどる

copyright 2011 すぐできる!ビジネスマナー All Rights Reserved.